さらなる取り組み

ところで、私は現在生活するうえでのエネルギー消費とその再生リズムというものも非常に大切にしている。若かりし頃の自分は、疲れ知らずであったこともあり、睡眠時間を削って試験に挑んだこともあったが、だからといって別段良い結果が得られたわけでもない。医大生の頃は特に、付け焼刃もいいところ、睡眠を削り直前に叩き込んだ知識で病理の課題に挑んだりもした。しかし、先ほども述べたようにさほど成果を得られるわけでもなく、試験後もエネルギーの状態は下がったまま。達成感もあまりない。このような経験もあり、現在はいわゆる完徹は避けてエネルギー再生の為、睡眠をしっかり確保するように心がけている。

私は趣味の一環でしばしばマラソン大会に参加している。ドクターが来る日も来る日も外来・病棟で診療を行っていることも人生のマラソンレースのようなものだと思うのだ。スタートからゴールまでずっと同じペースで走り切るというのはなかなか困難である。どこかの時点でものすごく苦しくなる箇所があるかもしれない。はたまたそれを乗り越えると少し楽になり、ペースを上げて、そしてまた苦しくなって・・・。アップダウンの繰り返し、人生もまた然りだと思うのである。    そしてこのインターバルを、私はエネルギーの消費と再生のリズムに置き換えて捉えている。人生における再生というのが睡眠であったり、時には大切な人との絆を深める時間だったりそれは様々だろう。旅行や趣味の時間もそうかもしれない。このような再生の時間でもって心身ともにリフレッシュし、また切り替えて精力的に活動するONとOFFの切り替えが重要なのである。   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です