病棟看護師の一日の業務

 病院において最も人数が多い職種のうちの一つが看護師です。さらに看護師は医師よりも患者に接する機会が多いと言われています。看護師は患者に直接接する機会が多く、さらに患者の情報を最も知り得る職種でもあります。そのため、病院という組織において医師と看護師の役割は分担されており、それぞれ重要な役目を担っています。

 病棟看護師は24時間体制で働くため、ほとんどの病院で3交代制か2交代制を採用しています。ここでは日勤看護師の業務内容を確認します。

朝出勤すると、まずは夜勤をしていた看護師からの申し送りを受けます。夜間の入院患者の状態や、医師の指示変更、新たな指示などがあればそれらが申し送りされます。また、夜間救急などで新たに入院した患者や本日入院予定の患者がいればそれらについても申し送りを行います。

これらの申し送りがすべて終わると、それぞれの担当患者のバイタルサインズを測り、朝の処置や検査への同行または送迎、病棟によっては臥床患者の体位変換なども行います。昼食時には必要な患者に対して食事介助を行い、見守りが必要な患者にはそばについています。交代で休憩を取り、休憩後は病棟カンファレンスや会議、シャワー浴介助などを行います。手術や検査が予定されている患者がいる場合は事前準備や送迎を行います。医師の回診があるときは同行することもあります。午後のバイタルサインズ測定後には患者の看護記録を記載し、夜勤の看護師へ申し送りを行います。

これらすべてをしている間、ナースコールへの対応なども随時していかなければなりません。日によっては終業時刻までに業務が終わらず残業になることも多々あります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です